釣り

オススメフィッシングメジャーを使い勝手、コスパ、映えで選出します!

釣りをしていると、ただ釣って食べるだけでなくどれだけの大物を釣ったかを記録したいものです!

こないだ80㎝のシーバス釣ったぜ!!

って自慢するもよし。

自分で記録して楽しむもよし。

SNSに投稿してみるもよし。

今回は釣りが一段と楽しくなるフィッシングメジャーを紹介します!

 

 

フィッシングメジャーに求められる機能

そんな大層なもん買わんでも、100均のメジャーでええやろ!

爺さんのいうとおり!!

ただ測るだけなら100均のメジャーでいけます!

私も人生で初めて釣ったシーバスは100均メジャーで計測しましたw

ただし、数回の使用でとんでもなく錆びますww

まあ、当たり前、水分自体でも錆びるのに、海水が付着するわけですから、そりゃ錆びて当たり前w

フィッシングメジャーに求められる機能は

ポイント

  • 海水や潮風でも錆びない
  • 持ち運びしやすい携帯性
  • はっきり正確に測れる視認性

といったところでしょう!

1.海水や潮風でも錆びない

ほとんどのフィッシングメジャーが厚いビニールのような素材でできています。

調べてみるとターポリンという名前の素材です!

もちろん金属ではないでので錆びないですし、簡単に破れる素材でもありません!

巻き癖も付きにくいので非常に使用しやすい素材となっています!

 

2.持ち運びしやすい携帯性

ほとんどのフィッシングメジャーが巻き巻きして収納するタイプ。

カラビナがついていたり、マジックテープで巻き巻きを固定できるものなどがあります。

 

3.はっきり正確に測れる視認性

これはSNSなどに投稿する際のいわゆる『映え』対策ww

でもないですが、普通に写真を撮ったりするときもナイトだったり、大物を釣り上げて、写真が引きの画像だと目盛りが読みにくかったりします。

なので、目盛りは大きく分かりやすく数字が打ってあるのが多いです!

 

それではオススメメジャーをご紹介していきます!

 

 

ベルモント(Belmont) フィッシングメジャー

スペック

長さ:120×8㎝ 価格:1400円

 

ベルモントは新潟に本社を置く『釣り用具』や『アウトドア用品』を扱う国産メーカー。

メジャーの先端に垂直のアクリル板がついているので、魚の先端を正確に合わせることができます

twitterなどのSNSの釣果写真でもよく見かけるメジャーです。

もちろん素材はターポリンで丈夫!

Amazonレビューより

基本的に釣具メーカー品はこれより1000円前後高いのですが、こだわりがなければこれで十分です
この配色が見栄えがよかったので良く写真を撮る人にはお勧めです

 

ラパラ(Rapala) RCD 150cm ロールルーラー

スペック

長さ:150㎝ 価格:2640円

伝説のルアー“COUNT DOWN(カウントダウン)”シリーズであまりにも有名なラパラのメジャー。

画像の通り巻取り式

ワンプッシュで巻き取れるので携帯に便利ですね!

メジャーの素材、色は写真撮影時に反射しにくいように工夫されています。

Amazonレビューより

カチカチとしっかりとメジャーが出てくるのがいい感じ。必要の長さでしっかりと止まります。
側面のボタンを押せばシュッと巻き取ってくれるし黒に白文字が格好良くてスタイリッシュ!唯一の問題は私の釣りでは150cmも必要が無い事ですかね…。

 

第一精工 NOGIDCALE125 ノギスケール

スペック

長さ:125㎝ 価格:2500円

第一精工は大阪に本社を置く釣り具メーカーです!

どんな会社なのか調べたら、HPの社長さんのご挨拶に明確な答えがありましたので引用いたしますと・・・

当社は「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売しています。
「釣具」というとまず何を思い浮かべるでしょう。
竿、リール、糸、針、エサもしくはルアーといったところでしょうか。
実は当社はこの内の何1つ作っていません。
ではいったい釣具の何を作っているのでしょう。
答えは「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」を作り続けています

引用:第一精工HP(https://www.daiichiseiko.com/company/index.html)

私の釣り具の中にも第一精工さんの商品がいくつかありました!(御社製とは知りませんでしたスイマセン)

このノギスケールは画像の通りノギスがついています!

 

出典:Amazon商品紹介ページ

この視認性の高い蛍光色のノギスこそが『これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの』なのであります!

カラビナ付きで固定用のバンドもついているので携帯性に優れています!

Amazonレビューより

・コンパクトに巻いてライフジャケットに掛けられるため邪魔になりません。1つ持っていれば十分な物なのであって困ることはありませんしせっかく釣った魚の大きさを有耶無耶に写真で撮って残しても後悔しますので今後必需品として大切に使っていきます

・安価な割に使い易いです。正確に測定出来るし、持ち運び性もGoodです。

 

 

fimo(フィーモ) fimoメジャー(ワイド)

スペック

長さ:155㎝ 定価:2970円

シーバスアングラーの村岡昌憲氏が会長の株式会社カルモアが運営するアングラーのSNS“fimo(フィーモ)”

そのfimoが発売しているのがこのfimoメジャーです!

 

fimoがsns上で開催する大会にエントリー、記録を投稿するにはこのメジャーで計測する必要があります!

 

このくらい幅広タイプだと釣った魚を地面に直接触れさせる恐れがなく、魚体にも優しい。

もちろん水にぬらすなどの配慮も忘れずに・・・

 

 

また、ライジャケに装着できるこのメジャー用の専用ホルダーも発売されていましたが、残念ながら売り切れとなっています(R2.10現在)。

 

何を隠そう、このわたくしもこのメジャーとホルダーを愛用しています!

 

fimoからはこのほかにもスリムタイプのメジャーも発売しています。

fimo公式ページのオンラインショップからも購入できますよ

海のルアー釣り!ブログ&SNS@fimo
海のルアー釣り!ブログ&SNS@fimo

www.fimosw.com

 

オススメフィッシングメジャーまとめ

今回は

  • ベルモント(Belmont) フィッシングメジャー
  • ラパラ(Rapala) RCD 150cm ロールルーラー
  • 第一精工 NOGIDCALE125 ノギスケール
  • fimo(フィーモ) fimoメジャー(ワイド)

をご紹介しました。

色々なメーカーから様々なメジャーが発売されています。

自分の好きなメーカーやデザインで選んで購入してみてください!

釣りの必需品ではありませんが、あると釣りが楽しくなること間違いなしですよ!!

-釣り
-, ,

© 2021 トミーのNicekeyBlog