介護保険

デイケア営業中にコロナ予防として気を配るべきこと

トミー
どうも、夏祭りで志村けんさんを偲んでひげダンスをしたトミーです!

 

さて、デイケア営業をするにあたっては、『介護保険最新情報』などを参考に、各事業所とも対策を行っていると思います。

 

基本的な対策については以下も参考にしてください。
デイケア、デイサービスの新型コロナ対策

デイケア、デイサービスで取り組むべき新型コロナ対策まとめ

今回は日々のデイケア営業中にちょっとしたことに気を配って、コロナ感染対策を強化しましょう!って話です。

 

冒頭で紹介しましたが、

 

なぜひげダンスか・・・・?

 

もちろん志村けんさんを追悼する意味もありますが、

 

なるべく喋らない出し物!ってことで考えました。

 

そんな感じで日々できる対策を考えていきましょう!

 

デイケア営業中に毎日できるコロナ予防

あごマスクの取り締まりを強化する!

うがいの際や水分補給、食事の時は一時的にマスクを外すのはもちろんOKです。

 

しかし、そのあとにマスクを忘れておしゃべりを始めてしまう方が非常に多い

 

席に戻ったらしっかりとマスクをしていただきましょう。

 

また、飛沫感染予防もですが、マスクをしていると口や鼻に直接触ることが無くなり接触感染を予防することもできます!

出典:厚生労働省啓発資料より

 

また、最初の図のようないわゆる『あごマスク』はやめてもらいましょう!

 

あごについているウイルスをマスクの内側につけてしまいます。

 

そしてまた、そのマスクを装着すると感染します!

 

マスクの着脱はゴムひもを持って行います。

 

細かいことですが、しっかりと説明して実行していただけるよう努めましょう!

 

 

入浴時は利用者、職員とも静かに入浴w

入浴時は利用者も職員もマスクを外しています。

 

特にこの時期、入浴業務でマスクしていたら熱中症になります!

 

なので、大声はご法度!

 

お風呂は静かに入りますw

 

静かにしてください!

 

なんていう必要はありません!

職員が静かにを心掛ければ利用者さんも察してくださいますw

 

ジェスチャーも交えて難聴のかたともしっかりと意思疎通を図りましょう!

 

 

ご家族の動向の把握

私の地域はまだそれほど感染が広く拡大していません。

 

ただし、都道府県が独自に定めている感染警戒地域があります。

 

本人やご家族が都道府県をまたいでその地域に行かれた場合は念のために2週間のデイケアお休みをお願いしています。

 

また、家族がその地域から帰省された場合も可能であれば2週間お休み

 

それが無理なら帰省された方とソーシャルディスタンスを保ち、3密を回避し、マスク、アルコール消毒などを徹底することをお願いしています。

 

これは、利用者だけではなく、職員も同じように対応しています。

 

 

送迎車の消毒

この酷暑の中、大変ですが車内の消毒をしましょう!

 

利用者が触られる座席、手すり、取っ手。

 

次亜塩素酸で消毒しています。

 

車内はいつもクリーンにしていますが、その分洗車がおろそかになっていますがwww
しゃーないですww

 

クラスターを起こさない!利用者、その家族の為に

万が一クラスターが発生してしまうと、皆さん高齢なので感染者のリスクは高い。

 

また、デイケアを閉鎖する必要があり、利用者家族の仕事や家事にも影響を与えてしまう!

 

多くのデイケア事業所が入院病棟を持った病院や老健に併設されているので、院内感染が発生すると大変なことになる。

 

考えうる対策はすべて実施し、感染予防に努めましょう!!

必ずチェック
デイケア、デイサービスでコロナ感染が疑われる者が発生したらどうすべきか?

続きを見る

 

 

-介護保険
-,

© 2021 トミーのNicekeyBlog