未分類 釣り

ベイトタックルでシーバスを釣る!(リール編)

シーバスフィッシングのジャンル(?)として、

 

ビックベイトゲームというものが確立されつつあります。

 

ビックベイト、それは大体150mm以上の大きなルアーでシーバスを狙う釣り。

 

一概には言えませんがおのずと釣れるシーバスのサイズもデカくなり、メーター級も夢ではありません!!

 

または、水門、橋脚、ストラクチャーに着いたシーバスを正確なキャストで釣ったときの達成感w

 

あれを味わうともうシーバスのとりこになってしまいますw

 

そこで今回はビックベイトを使った釣り、またはピン打ちにオススメなベイトタックルについて紹介していきたいと思います!

 

シーバスビックベイトゲームを始めよう1(リール編)

やっぱりベイトリールのほうがいいの??

まず、一番知りたいところ、迷うところといえばこれじゃないでしょうか?

 

なんでベイトタックルのほうがいいの?

 

ってとこ・・・

 

一般的にシーバスフィッシングにおいてはスピニングタックルを使用することがほとんど・・・

 

普段はスピニングでシーバス釣ってるのに、

 

わざわざリールとロッドを買い替える必要があるのか・・・?

 

結論は『ベイトタックルのほうがおもしろいけど、デメリットも多い』です!!!

 

ではその理由を説明しましょう。

 

ベイトリールを使用するメリット

ベイトタックルを使用するメリットはざっとこんな感じ

メリット

  • ピン打ちキャスティング精度がよい
  • ルアーの飛行姿勢を保ちやすい
  • パワーファイトしやすい
〇ピン打ちキャスティング制度がよい

ベイトリールはスプールから糸がまっすぐ出る。そして指でサミングする際もスプールの回転を押さえて調節するだけなので飛距離の細かい調節がしやすいという特徴があります。

 

一応スピニングリールもサミングできますがこの場合はらせん状にスプールから出ていくラインをパサパサパサパサって指で押さえるのでww微調整はできません。

 

キャストのアキュラシー(正確性)に関しては圧倒的にベイトリールに分があります!

〇ルアーの飛行姿勢を保ちやすい

上記の様にスプールの特徴&サミングすることで、ラインに常に抵抗がかかる。

 

それにより、常にルアーを引っ張りながら(ブレーキをかけながら)キャストできるので、空中でルアーが暴れません!

 

飛距離は落ちますがビックベイトのように大きくて重さのあるルアーにおいてはキャスト制度を上げ、なによりキャストしやすくなります!

 

また、スプール自体が回転するという特徴はパワーファイト時にリールのハンドルを巻く力をほぼダイレクトにラインを巻き取る力に変えることができ、ロスする力を少なく効率的に魚を引き寄せることができます。

 

シーバスフィッシングにオススメのベイトリール紹介

では、うんちくはさておき・・・w

 

実際にオススメのベイトリールをご紹介しましょう!

 

※ベイトリールはスピニングリールのようにハンドルを左右で付け替えることができません!

購入の際には右ハンドルか、左ハンドルか確認してから購入しましょう!!

 

シーバスおすすめベイトリール

【シマノ】エクスセンス DC

 シマノのシーバスブランドエクスセンス

 

そのエクスセンスのベイトリールにおけるフラッグシップモデルがこのエクスセンスDCです。

 

ベイトリール最大の欠点、バックラッシュ・・・

 

このバックラッシュに対してシマノ最高峰の技術を結集したブレーキ機構「4×8DCエクスセンスチューン」を搭載

 

ラインの素材で4パターン、風向きやルアーウエイトで8段階、つまり32段階の細かいブレーキ調整が可能です!

 

バックラッシュを防ぎながらも飛距離が稼げるので、初心者向けかもしれませんが、

 

ま、フラッグシップモデルなので価格も最高峰ですw

 

 

【シマノ】エクスセンス DC SS

エクスセンスDCの価格を抑えて、なおかつ先進のテクノロジーを搭載したモデルがSS

 

さすがにエクスセンスDCと比べるとブレーキ調整や本体の素材(DC→マグネシウム SS→アルミ) など劣ります。

 

しかし、この価格帯で憧れのベイトリールが手に入り、シマノの妥協しない性能を搭載しているのでコスパに優れたリールであることは間違いありません!

 

【ダイワ】モアザン PE TW

ダイワからはモアザンPETW。

 

10㎝のロングハンドルがパワフルな巻き上げを実現します!

 

また、ダイワの先進技術マグシールドボールベアリングが塩ガミを抑えリールの劣化を阻止。

 

ギア比の違うSH(7.1)とXH(8.6)の2タイプが発売されています。

 

性能は文句なしだしダイワの信頼性も抜群なんですが・・・

 

ちょっと私的にはデザインがあんまり好きじゃないww

 

【ダイワ】タトゥーラSV TW

 2万円を切る価格設定にもかかわらず軽量ルアーを正確にキャストすることを実現したSVスプールを搭載しています。

 

このタトゥーラ、価格と性能のバランスがいいのでベイト初心者に超オススメです!!

 

タトゥーラは『SV』が付くモデルと付かないモデルのタトゥーラが発売されています!

 

その違いは『SVTW』の方がリール自体がより軽量で

 

5gクラスの軽いルアーでもバックラッシュが少なく快適にキャストできる。

 

一方の『TW』はビックベイトなどある程度ウエイトのあるルアーの遠投性能に優れる。

 

私的には、

 

一般的なおかっぱりのシーバスなら断然『SVTW』をお勧めします!

動画はバスをターゲットにしていますが、タトゥーラはソルト対応なのでご安心くださいww

【まとめ】シーバスビックベイトゲームを始めよう1(リール編)

ベイトリールっていうとちょっと扱いづらくて初心者にはハードルが高いようなイメージがありますよねw

 

しかし、最近のベイトリールはブレーキ性能の向上などトラブルが少なく扱いやすい商品が多くあります!

 

ベイトタックルを一つ揃えればスピニングとは違った新しいシーバスフィッシングを体験できますよ!

-未分類, 釣り
-,

© 2021 トミーのNicekeyBlog