ルアーインプレ 釣り 釣果

【シマノ】名作サイレントアサシン99の実力!最新フラッシュブースト搭載モデルも紹介

シマノのサイレントアサシンといえば

トミー

シマノミノーの中でも名作中の名作、王道中の王道ですね。

釣り場のシチュエーションを問わず、アングラーの実力も問いません。

どんな場所でも誰でも釣れる!!

そんなサイレントアサシンの釣れる秘密をいまさらながら探っていきましょう!!

実釣インプレもありますのでぜひ最後まで見てくださいね!!

【シマノ】サイレントアサシンとはどんなルアー

サイレントアサシンはshimano(シマノ)から発売されているミノータイプのルアーです。

初版は2009年ということでかれこれ13年近くの歴史がある名作ルアー

とにかくミノーらしからぬ抜群の飛距離と安定した釣果で定番中の定番のルアーですね

今ではサイズ、タイプ(F,S,SP)、カラー展開、フラッシュブースト搭載モデルなど非常に多くの種類が発売されています!

サイレントアサシンのサイズとタイプ展開

サイレントアサシンは多くのサイズが発売されていて

私もすべてを把握できないでいましたがw

シマノのHPに現在掲載されているサイズ、タイプは以下の通りです

サイレントアサシンの種類

・80S
・99F/S/SP
・120F
・129F/S
・140F/S
・160F

そして、99、120、129、140にはフラッシュブースト搭載モデルも発売されています(フラッシュブーストについては後述)

ちなみにアサシンと名前の付くルアーはサイレントアサシンの他に、スライドアサシン、シャローアサシン、ストロングアサシン、スリムアサシン、ダイブアサシンがあります!

それぞれタイプの違うルアーなんで、シチュエーションによって使い方は無限・・・んで、紹介しきれん。。。

今回はサイレントアサシンの説明だけにしますね(^_-)-☆

同じサイレントアサシンでも80~160のサイズ展開がありますので、名称こそ同じですが形は全く違うルアーに見えます

画像出典:shimano HP(https://fish.shimano.com)

左が80、右が160・・・

縮尺が違って分かりにくいかもしれませんが、シェイプがすでに別のルアーのようです

ただし、サイレントアサシンとしてのコンセプトやアクションは一貫しています!

今回はそんなサイレントアサシンの中でもシーバスが一番釣れやすい(持論w)サイズである99をピックアップしてみましょう

【シマノ】サイレントアサシン99のスペック

サイレントアサシン99についてまとめた表が以下の通りです。

サイズ・タイプ全長(㎜)重量(g)スイム角価格【()内はフラッシュブースト搭載モデル】
99F9914101,930(2,100)
99S9917131,930(2,150)
99SP9915151,930(2,150)
サイレントアサシン99スペック表

サイレントアサシン99はF(フローティング)、S(シンキング)、SP(サスペンド)の3タイプが発売されています。

99Fの潜行水深は30~80㎝、99Sは沈降速度35㎝/秒で沈んでいきます。

99SPは潜行水深80~130㎝となっています。

カラーバリエーションは豊富な12種類

画像出典:shimano HP(https://fish.shimano.com/ja-JP)

通常のサイレントアサシンには上の画像の12種類のカラーバリエーションがあります。

また、ジェットブーストモデルは、下の8種類がリリースされています

画像出典:shimano HP(https://fish.shimano.com/ja-JP)

サイレントアサシンで釣れない人はいない?!その特徴とは?

サイレントアサシンが王道ルアーでロングセラーとなっているには理由があります。

サイレントアサシンの特徴を解説していきましょう。

1、ジェットブースト搭載!ミノーらしからぬ飛距離

サイレントアサシンは昔から『よく飛ぶミノー』というイメージがあります。

ルアーのフォルム的にも空気力学的に抵抗の少ない形、

加えてシマノが開発した重心移動システムJETBOOST(ジェットブースト)を搭載しています。

トミー

ちょっと前まではAR-Cシステムと呼ばれていましたね

画像出典:BOOSTCONCEPT【SHIMANO LURE TECHNOLOGY】(https://www.youtube.com/watch?v=HLp_taOVib0)

キャスト時にウエイトがルアー後方に移動し遠心力でルアーを遠くに飛ばします。

ルアーの飛行中に後方のばねの力で徐々にウエイトが前方に戻り、

着水と同時にルアーのバランスを回復させ、すぐさまリトリーブを開始できる圧倒的な立ち上がりの速さを実現しています。

トミー

よく飛んで空中でもバランスを崩さないイメージ

飛距離が長く、ルアーのウエイトは勝手に戻ってくれるので初心者向きのルアーであるといえるでしょう。

2、ウロコ模様がリアル!スケールブーストに魚は騙される

画像出典:shimano HP

ジェットブーストの次はスケールブースト

どうもシマノさん、ブーストにコンセプトを統一してきましたねw

スケールブーストとはシマノが独自開発した新しいホログラムの総称

魚のウロコをスケッチしてリアルに再現した『狂鱗』

鱗を大きくし狂鱗をさらにハイアピール化した『強鱗』

クリアボディに強鱗を組み合わせた『透鱗』

どれもリアルなフラッシングで魚にアピールできます。

3、遂に登場!フラッシュブースト搭載モデル

最後のブーストは革新的アイデア『フラッシュブースト』

フラッシュ&スケールのダブルブーストで最強ルアー?!

ボディー内部にバネで固定されたブレードを搭載

ルアーが動きを止めてもブレードがキラキラと振動を続け、生命感を演出します。

確か一番最初はシャローアサシンに搭載されたフラッシュブースト

元祖サイレントアサシンが発売されて10年、ついにサイレントアサシンにも搭載モデルが発売されました!

食わせの間を演出しやすいSP(サスペンド)との相性がよさそうですね

ジャークやストップ&ゴーの静止状態でもアピールをすることができます!

4、アクションは特有のウォブンロールアクション

サイレントアサシンは80から160までサイズ展開しているので、それぞれのサイズに特徴がありますが、基本的にはウォブリングとローリングを合わせたウォブンロールアクションです。

99もF(フローティング)とS(シンキング)はサイレントアサシンの釣果の源である特有のウォブンロール、

SPはさらにウォブンロールを強めたブリッブリのアクションで高い集魚効果を発揮します。

ピンをタイトに攻めるルアーとしても使えないこともないですが、

サーチベイトとしてとりあえず投げて、高い集魚効果で初心者でも簡単に釣れるルアーというイメージですね!

リップの付け根が太くなった

また、従来のモデルよりリップが強化され、ルアーの耐久性も向上しています。

【実釣レビュー】サイレントアサシン99はとりま投げて、いきなり釣れちゃうルアーです。

サイレントアサシンの釣果については過去に日記のようにつづった文章がありますのでこちらをご覧ください

釣果記録
朝まずめサイレントアサシンで渋いシーバスを引っ張り出した

続きを見る

ルアーアクションが大きめでしっかりアクションするタイプのルアーなので、

どちらかといえばデイで広大なエリアをサーチするルアーのイメージ。

魚がいれば勝手に寄ってきてくれる!

この時もだだっ広い海に適当に放り込んだら釣れた感じでしたw

他のアングラーの方々の釣果もご紹介します

そして、フラッシュhブースト搭載モデルでも、釣れてますね~

デイでもナイトでも信頼できるルアーであることは間違いなさそうです!

【まとめ】大手メーカーだから品切れもなしwいつでもルアーボックスの中に入れておきたい!

今更ながらこの王道ルアーサイレントアサシンを紹介しましたが、

私、シーバス釣りを初めてからず~~っとルアーボックスに入ってます!

デイの釣りの場合、かなりの確率で最初に投げるミノーです!

とりあえずシーバスがいるか、いないかを手っ取り早く確認できるルアーとして使用してます。

ぜひ新しいサイレントアサシンを体感してみてください

-ルアーインプレ, 釣り, 釣果
-, ,